文字サイズ

上越市議選投票率 最も高かったのは浦川原の65% 合併前上越市50%届かず

 上越市選挙管理委員会は13日、4月21日に執行された市議会議員一般選挙の「記録」をまとめ明らかにした。
 それによると最終投票率は52・40%で2020年の前回選挙より4・75ポイント上昇した。
 14地区別投票率で最も高かったのは浦川原区で65・05%。次いで牧区の64・83%、大島区の64・52%。一方、最も低かったのは合併前上越市の49・15%で、唯一50%を下回った。次いで中郷区が51・87%。この2区が平均の52・40%を下回った。

2020年の前回選挙を4・75ポイント上回った(4月21日、合併前上越市内の投票所)


 全139投票所で最も投票率が高かったのは、牧区の高尾活性化センターで85・42%、次いで大島区の大島旭農村環境改善センターの81・88%。この2投票所が80%を超えた。最も低かったのは、合併前上越市の教育プラザで37・99%。唯一、30%台にとどまった。
 各地区別投票率は次の通り。
 ▽合併前上越市 49・15%
 ▽安塚区 62・60%
 ▽浦川原区 65・05%
 ▽大島区 64・52%
 ▽牧区 64・83%
 ▽柿崎区 63・98%
 ▽大潟区 55・96%
 ▽頸城区 56・05%
 ▽吉川区 62・66%
 ▽中郷区 51・87%
 ▽板倉区 57・64%
 ▽清里区 60・06%
 ▽三和区 59・63%
 ▽名立区 60・66%