文字サイズ

「ものすごく幸せ」 五輪メダル夢かなう  清水礼留飛選手、引退会見

 ノルディックスキー・ジャンプ男子、2014年ソチ五輪団体銅メダリストで今季限りでの現役引退を発表した妙高市出身の清水礼留飛選手(30、雪印メグミルクスキー部、新井高出)が16日、札幌市・大倉山ジャンプ競技場で行われた伊藤杯シーズンファイナルナイタージャンプ大会に現役選手として最後の勇姿を見せた。競技前に引退会見が行われ、「今日までスキージャンプを続けてこられてものすごく幸せ」と話した。4月からは社業に専念し、営業マンとして活動するという。

雪印メグミルクスキー部キャプテンとして後輩選手から花束や写真を贈られ、笑顔を見せる清水礼留飛選手(中央)。この後、愛する妻や娘からのねぎらいもあった