文字サイズ

高田、糸魚川「猛暑日」 能生、関山も最高更新 今年初

子どもを連れて波打ち際で遊ぶ家族の姿が目立った(7日正午ごろ、上越市の船見公園)

 本県を含む北陸地方は7日、高気圧に覆われ晴れて気温が上昇した。上越地域では今年初めて上越市高田と糸魚川で最高気温が35度を上回る猛暑日を記録した。

 同日の最高気温は糸魚川で35・8度、上越市高田で35・4度。糸魚川市能生と妙高市関山は今年の最高気温を更新した。

 糸魚川市内では同日、神社の祭礼が行われた。みこし巡行の参加者は日陰で休憩を取るなど、熱中症対策を講じながらの祭りとなった。

 上越市の船見公園では、波打ち際で遊ぶ親子の姿が多く見られた。長野県上田市から子どもを連れて遊びに訪れた男性は、最高気温が35度と聞き「上田も暑いが、上越も暑いですね」と話していた。

 上越地域消防局と糸魚川市消防本部によると、同日の熱中症とみられる搬送者は糸魚川市内で1人。軽症とみられる。