文字サイズ

虫干しに合わせ表装相談会 大島画廊 21日から24日まで

過去に行われた表装相談会の様子。持ち込んだ掛け軸を表具師が見て修理の相談に応じる(2022年11月4日)

 上越市本町3の大島画廊は21日から24日まで、隣接する雅房眞泉で「表装相談会」を行う。虫干しの季節に合わせ、老舗の表具師が掛け軸の表装や修理の相談に応じる。開場時間は午前10時(初日は午後1時)から午後5時まで。

 掛け軸の表装の折れ、破れや本紙の染み、汚れなどは放置しておくと劣化が進む。同店は毎年この時期に相談会を開いており、会期中は通常の3割引で修理を受け付けている。

 同店の大嶋賢一社長は「近年は気候変動で寒暖の差が激しい。湿度が高い上越で急に気温が上昇すると、掛け軸をしまう際に水分が抜けきらなかったり、水分が急に抜けて割れやすくなったりする。掛け軸の維持が以前より難しくなっている」と説明する。虫干しをすることで掛け軸の状態を確認し、梅雨明けのからっと晴れた日にしまうことを進めている。

 表装相談会は予約優先。申し込み、問い合わせは同店(電025・524・2231)へ。