文字サイズ

心身ともに健康で豊かに 3クラブ43人競技楽しむ 名立区シニアスポーツ大会

「今日も大漁レース」など6種目で交流

 名立区の高齢者を対象としたシニアスポーツ大会が14日、名立地区公民館体育館で開かれた。地域の3老人クラブから43人が参加。昨年より1クラブ減となったが、暑さに負けない熱い競技を繰り広げた。

 上越市と名立区老人クラブ連合会、同市社会福祉協議会名立支所の共催。スポーツを通じた区内高齢者の相互親睦、心身ともに健康で豊かなまちづくりにつなげようと、毎年この時季に行っている。

 45回目の今年は、魚を釣り上げる「今日も大漁レース」、ボールを転がして行う「コロコロボーリング」など、オリジナリティーあふれる6種目を実施。応援席には各種楽器やうちわも用意され、選手たちに声援が送られた。

 昨年優勝した、「山海クラブ」代表の松本新一さん(75)は「思い切り体を動かして交流できる機会。楽しく元気にやっていきたい」と張り切っていた。