文字サイズ

釈迦の誕生を祝う 園児が花まつりパレード 糸魚川市能生保育園

お参りの後、「花まつりパレード」を行う園児たち(17日)

 糸魚川市能生の認定こども園・能生保育園(老野生一義園長)は16、17の両日、同園隣の光栄寺本堂で「花まつり」を行った。16日は未満児クラス、17日は3歳児~5歳児クラスの園児たちが参加し、釈迦(しゃか)の誕生を祝った。

 17日のお参りでは、園児たちが「灌仏(かんぶつ)」を行い、花御堂に安置された誕生仏に甘茶をかけた。老野生園長は、紙芝居で釈迦誕生時の逸話を伝えながら「みんな一人一人が尊い存在で、とっても大事。みんなが幸せになれるよう、自分もお友だちも大事にしてください」と呼びかけた。

 お参りの後は屋外に出て「花まつりパレード」を実施。誕生仏を載せた白象の像を引きながら周辺地域を練り歩き、沿道で見守る地域住民らが温かいまなざしを向けていた。