文字サイズ

議会での服装自由化へ 議会選出監査委員は継続 上越市議会各派代表者会議

各会派の代表と無所属の4人が出席、本会議などにおける服装や議会選出監査委員の要否について意見を交わした

 上越市議会は2日、改選と会派再編後初の各派代表者会議を開き、本会議や委員会での議員のネクタイ、ジャケットなどの着用を「品位の保持」を前提に自由化することで申し合わせた。市が1日から通年での軽装勤務を試行したことを踏まえ、判断した。

 また現在有識者2人と議員1人で構成する監査委員について、上野公悦氏(共産)と宮越馨氏(無所属)が、議員の監査委員を廃止する自治体が全国で相次いでいることなどを挙げ、議会選出の監査委員を不要とする意見を出したが、従来通りとする意見が多数を占めた。

 市議会は「役職の任期は2年」の申し合わせがあるため、改選後初の臨時会を20日にも開き、議長、副議長を選出する方針。