文字サイズ

悠々と空泳ぐ 色とりどり60匹 海上こいのぼりお目見え 糸魚川市能生海岸

 糸魚川市の能生海岸の海上こいのぼりが今シーズンもお目見えし、地元住民や行楽客を楽しませている。

 能生海岸管理組合(齋藤浩組合長)が20年以上継続している取り組み。弁天岩を望む同海岸の春の風物詩として定着しており、今年は18日に設置。色とりどりのこいのぼり60匹が潮風をはらみ、悠々とたなびいている。

 週末の20日は好天に恵まれ、家族連れら幅広い世代が午前中から続々と来訪。こいのぼりや弁天岩を背景に記念写真を撮るなどして思い思いに楽しんでいた。

 夫婦で訪れた埼玉県の男性(66)は「それと知らず通りがかりに初めて見に来た。寄って良かった」と笑顔で話した。 

 今季は5月20日まで設置予定。