文字サイズ

前島密描いた『ゆうびんの父』 作者の門井さん出版記念し講演 5月に上越市

作者の門井慶喜さん(本人提供)

 上越市出身の偉人、前島密を描いた小説『ゆうびんの父』の出版記念講演会が5月11日午後2時から、同市本城町の高田城址公園オーレンプラザで開かれる。

 講師は同書の作者の門井慶喜さん。門井さんは平成30年に『銀河鉄道の父』で直木賞を受賞。『ゆうびんの父』は令和4年から新聞で連載され、4月17日に幻冬舎から単行本(定価2000円)が出版される。講演会では書籍の販売とサイン会も予定されている。

 入場無料で事前申し込みが必要。はがきまたは電子メールで「門井慶喜講演会希望」の文言のほか、聴講希望者の郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入し、前島記念館(〒943―0119、上越市下池部1317―1、電子メールmaejimakan@sky.plala.or.jp)に19日まで(必着)に申し込む。定員300人で、応募者多数の場合は抽選。問い合わせは同館(電025・524・5550)へ。電話での申し込みは不可。