文字サイズ

春日山に春の訪れ カタクリ、ヤマザクラ開花

大手道沿い斜面に咲くカタクリ

 上越市の春日山城跡でカタクリやヤマザクラが開花し、春の訪れを告げている。例年4月中ごろまで、かれんな花を楽しめる。

 カタクリは大手道や南三の丸から権現堂に向かう道沿い、景勝屋敷の東側斜面などで見られる。3月末の「春日山講座」の頃には開花が確認されており、同市文化行政課によると、開花時期は昨年と同じくらいだという。

 群生している大手道では、南向きの斜面を中心に咲き、訪れた人が足を止めて観賞する姿が見られた。大手道の入り口付近では5月にカキツバタが楽しめる。

 ヤマザクラは市埋蔵文化財センターから謙信公銅像に向かう道中や三の丸の下付近で咲いている。