文字サイズ

グレーチングふた盗難 柿崎区と大潟区の市道側溝

盗難があった柿崎区(上)と大潟区の現場(上越市提供)

 上越市は5日までに、柿崎、大潟両区の市道で側溝のふたが盗まれる被害が発生、警察に被害届を提出したと発表した。大潟区の側溝ふたは復旧済み、柿崎区は早期復旧を目指しているという。

 柿崎区総合事務所によると、4日午後4時40分ごろ、柿崎区角取の町内会長から市道柳ケ崎直海浜線(同町内)の側溝グレーチングふた(幅70センチ、長さ50センチ、厚さ14センチ、2万円相当)1枚がなくなっていると連絡が入った。5日午前8時50分ごろ、市道維持管理業者から市道大潟119号線(大潟区雁子浜)の側溝グレーチングふた(幅40センチ、長さ50センチ、厚さ10センチ、2万円相当)1枚がなくなっていると連絡が入った。いずれも市が確認し、被害が発覚したという。

 大潟区では1月23日にも市道のグレーチングふたなど5枚が盗まれている。