文字サイズ

国道8号直江津バイパス 山側3車線が部分開通 安江中央―下源入交差点の0・8キロ区間 上越市

29日に部分開通した山側3車線化区間。国道18号につながる車線が緑で着色され、分かりやすくなっている(戸野目川橋付近から下源入方面を撮影)

 国土交通省高田河川国道事務所が整備を進めている国道8号直江津バイパスのうち、山側3車線化が完了した上越市の安江中央交差点―下源入交差点区間(0・8キロ)が29日午前6時から、部分開通した。交通混雑の緩和、物流の効率化が期待されるという。

 直江津バイパスは国道8号の大潟区犀潟―上越市虫生岩戸区間(12・2キロ)。このうち三ツ屋交差点―関川大橋東詰区間で渋滞緩和対策を目的とした山側3車線化工事を実施中。今回を含め下源入交差点―関川大橋東詰交差点区間(1・5キロ)で工事が完了。三ツ屋交差点―安江中央交差点区間(0・7キロ)が工事中。

 同事務所によると、国道8号では朝夕の時間帯を中心に慢性的な交通混雑が発生。特に山側3車線化区間では、朝に高田方面など市街地へ向かう車が集中して速度低下が起き、追突事故が多発しているという。過去の整備区間では、混雑時も未整備区間より旅行速度(距離を所要時間で割った平均速度)が1・3倍速く、死傷事故が約60%減少。また、バイパス沿線に工業地域が密集していることから、物流効率化による企業の生産性向上も期待される。

 歩道は一部未開通区間があり、現地での看板や交通誘導員の指示に従ってほしいと呼びかけている。