文字サイズ

佐渡汽船「こがね丸」運航再開 小木―直江津航路 港被災も復旧

佐渡の和菓子やパンフレットを受け取り、フェリーに乗り込む乗客

 佐渡汽船は29日、小木―直江津航路でカーフェリー「こがね丸」の運航を再開した。運航は昨年11月以来4カ月ぶり。午前7時発の便は悪天候で欠航したが、午後2時発の便は約50人を乗せ、直江津港を出発した。運航は11月17日まで。小木―直江津を1日2往復する。

 元日の能登半島地震で直江津港が被災し、車両がフェリーに乗り込むためのレーンに亀裂が入ったり、30センチほどの段差が生じるなどした。県が復旧を急ぎ、再開に間に合った。

 午後2時の便には旅行や帰省の乗客、トラックドライバーが乗り込んだ。乗客には上越・佐渡の観光パンフレットや佐渡の和菓子がプレゼントされた。長野市から来た男性は「佐渡の実家へ帰省する。昨年も2、3度乗船した。何より長野から(直江津までが)近い。今年も何度か乗る予定だ」と話した。

 昨年は4月末~11月中旬の約7カ月で7万1000人が利用、今年は北陸新幹線の敦賀延伸効果や「佐渡島の金山」世界遺産登録に期待がかかる。佐渡汽船の伊藤崇営業部次長は「直江津は佐渡の西の玄関口。関西からの誘客はもちろん、佐渡市民の外出に寄与する取り組みも行っていく」とした。