文字サイズ

政府、再稼働方針を伝達 村瀬佳史エネ庁長官 花角知事に面会 柏崎刈羽原発6・7号機

花角知事に東京電力柏崎刈羽原発6・7号機の再稼働について理解を求める村瀬資源エネルギー庁長官

 経済産業省資源エネルギー庁の村瀬佳史長官が21日、県庁で花角英世知事に面会、東京電力柏崎刈羽原子力発電所6・7号機の再稼働の方針を伝える齋藤健経産相の文書を手渡し、理解を求めた。

 花角知事は「政府の方針は承知している。能登半島地震で県民は(事故が起きた場合の)安全な避難について不安がある。それらを材料に、再稼働に関する議論を深めていきたい。県民がどう受け止めるか丁寧に見極めていきたい」と答えた。

 文書には具体的な再稼働の時期について言及はなかった。柏崎刈羽原発を巡っては昨年12月、原子力規制委員会が東京電力に出していた事実上の運転禁止命令を解除、政府は東京電力管内の電力需給ひっ迫回避などを理由に再稼働を目指している。

 一方で県内には事故時の避難経路や市民の安全が担保されるかどうかの不安、2011年の福島第1原発事故の当事者であり、柏崎刈羽原発でも不祥事を立て続けに起こした東京電力への不信感は根強い。村瀬長官は報道陣の取材に対し「東京電力が失った信頼を回復することがまず重要だ。われわれも一つ一つの取り組みを注視し、指導していく」と述べた。