文字サイズ

「西の玄関口」発揮へ 北陸新幹線金沢-敦賀間待望の延伸開業 ゆるキャラ〝大集合〟 糸魚川市内でお祝い行事

「ゆるキャラ大集合」で新幹線をお出迎え(16日午後1時25分ごろ、糸魚川駅)
北陸新幹線糸魚川―敦賀間の沿線地域のPR動画、観光パンフレットも関心を集めた(糸魚川ジオステーション・ジオパル)

 北陸新幹線金沢―敦賀間が延伸開業した16日、糸魚川市内ではさまざまな記念イベントが行われた。市などが主催した糸魚川駅新幹線ホームでの「ゆるキャラ大集合」、姫川河川敷からの打ち上げ花火などで待望の開業を祝い、本県の〝西の玄関口〟としての活性化を期した。(20面に関連記事)

 ゆるキャライベントは「はくたか」561号(午後1時26分糸魚川駅発、金沢方面)と564号(同1時48分同駅発、東京方面)の停車時に合わせて実施した。

 ジオまる(糸魚川市)、ぬーな(同)、御風さん(同)、わかめちゃん(同)、ブラック番長(同)、レルヒさん(新潟県)、たりたりOTARI(長野県小谷村)の7体に加え、大糸線の新キャラクター(名称未定)が登場。市職員らと共に盛大に出迎え、乗客の笑顔が広がった。

 井川賢一副市長は「(敦賀延伸で)関西と近くなる。糸魚川が新潟県の〝西の玄関口〟だと意識して、関西の皆さんとつながりをつくっていきたい」と気持ちを新たにした。

北陸新幹線糸魚川―敦賀間の沿線地域のPR動画、観光パンフレットも関心を集めた(糸魚川ジオステーション・ジオパル)
新幹線の通過に合わせてお祝い花火を打ち上げた(16日午前8時5分ごろ、姫川河川敷)