文字サイズ

校区の魅力アピール ポスターやリーフレット 直江津駅に掲示 八千浦小3年生

児童が作ったポスターとリーフレット。(左から)高橋さん、岩佐さん、竹田君。同駅待合室で掲示予定

 上越市立八千浦小(野崎真二校長)の3年生28人は校区の魅力を紹介するポスターとリーフレットを制作した。その一部が直江津駅に掲示されることになり、12日、児童が同駅へ届けた。

 3年生は本年度の総合学習「八千浦リサーチ」で校区の海や公共施設、事業所などを調べた。学んだ魅力を発信するため、児童がそれぞれポスターまたはリーフレットを制作。テーマにした事業所などで掲示してもらう。

 直江津駅には竹田行君、岩佐愛莉さん、高橋いろはさんが訪れ、ポスターとリーフレットを駅員に手渡した。3人の作品は八千浦の海をテーマにし、生き物が多いことなどをアピールしている。

 20日ごろまで、待合室で掲示する予定。リーフレットを作った竹田君は「黒井駅や犀潟駅を利用して(八千浦に)来てもらい、載っている場所を見てもらいたい」と話した。