文字サイズ

アディクションフォーラム「新潟お喜楽Forum―soul―」 依存症から「回復」 講演と太鼓演奏共に考える

富山ダルクの利用者が太鼓演奏で彩りを添えた
西念さんが支援者の立場から講演した

 国立病院機構さいがた医療センターが主催し、県福祉保健部障害福祉課が共催するアディクションフォーラム「新潟お喜楽(きらく)Forum―soul―」が9日、上越市山屋敷町の上越教育大で開かれた。

 アディクションとは依存症の意味。アルコールやギャンブルなど、ある習慣にのめり込み日常生活に支障を来している状態を指す。同センターでは依存症の当事者や支援者らが一堂に会する機会として、例年フォーラムを企画。今回で4回目を数える。

 フォーラムは依存症リハビリ施設「富山ダルク」の利用者らによる力強い太鼓演奏で開幕。続いて北陸HIV情報センターのソーシャルワーカー、西念奈津江さんが「あらためて話そう『回復』ってなんだっけ?」をテーマに講演した。

 西念さんは依存症支援に取り組む過程で、当事者と支援者、そして家族や社会が望む「回復」に違いがあったとし、「(当事者の)依存をやめさせるのではなく、まずは対話により相手を理解しようとする姿勢へと変わってきた」と述懐。「私たちはこれから、何にどう向かっていけば良いのか。何ができるだろうか」と問題提起した。

 これを受け、西念さんや富山ダルクの利用者、同センターの医師やボランティアらがトークセッション。それぞれの立場から依存症について意見を述べ合った。

西念さんが支援者の立場から講演した