文字サイズ

職員や来庁者復興願い黙とう 上越市役所

黙とうする市民課職員ら(11日午後2時46分)

 上越市役所では11日、職員や来庁者が地震発生時刻に黙とうし、犠牲者の慰霊と被災地の復興を願った。

 上越市は東日本大震災犠牲者に弔意を示すため、市役所木田庁舎と総合事務所で弔旗や半旗を掲揚。地震発生時刻の午後2時46分は市役所をはじめ公共施設で黙とうを呼びかけ、職員や来庁者が祈りをささげた。

 東日本大震災の同市内への避難者数は今年2月末時点で10世帯23人。危機管理課の今井勝宗課長は「13年を迎え、改めて被災地の復興を願う。経験を忘れずに市の災害対策、対応に当たる」と話した。