文字サイズ

10日明け方まで雷伴う雪や雨 県内

安塚区のキューピットバレイスキー場では日中、雪が降りしきった(9日午後1時ごろ)

 県内は9日、冬型の気圧配置や上空の寒気の影響で、強風や雪となった。平地では時折、吹雪で視界が悪くなり、鉄道にも影響が出た。

 9日午後4時時点の最深積雪深は妙高市関山で38センチ、上越市安塚で48センチ、同市高田で3センチなど、前日から3~20センチほど積もった。また、最大瞬間風速は上越市大潟で22・6メートル、同市高田で17・8メートル、糸魚川市糸魚川と能生で17・9メートルなど、海沿いを中心に20メートルを超える強い風が吹いた。

 県内は、上空の寒気や気圧の谷の影響で10日明け方にかけて大気の非常に不安定な状態が続き、局地的に積乱雲が発達し、雷を伴って雪や雨が降る見込み。また、山沿いでは同日明け方にかけて大雪になるとみられる。同日午後6時までに予想される24時間降雪量は、上越の平地10センチ、山沿い60センチ。

◇上下線9本運休 10日も8本運休 大糸線

 JR大糸線は9日、大雪の影響で始発から正午ごろまで、糸魚川―南小谷両駅間の上下線計9本を運休した。10日も始発から正午ごろまで、同区間で計8本を運休する。代行輸送は行わない。