文字サイズ

山沿い中心に9日は大雪 上中越

 県内は冬型の気圧配置や寒気の影響で、9日は山沿いを中心に大雪となる見込み。新潟地方気象台は上中越の山沿いで同日夕から夜遅くにかけて大雪による交通障害に注意、警戒、県内は夜遅くにかけて落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意を呼びかけている。

 日本付近は次第に西高東低の気圧配置となる見込み。また、北陸地方の上空約5500メートルには氷点下33度以下のこの時期として強い寒気が流れ込むため、県内は大気の非常に不安定な状態が続くとみられる。

 8日に発表された早期天候情報では上中越は9日、一日を通して大雪が警報級となる可能性を「中」としている。同日午後6時までに予想される24時間降雪量は上越の平地15センチ、山沿い60センチ。

 交通各社は8日、引き続き冬用タイヤの装着などを呼びかけ。積雪や路面凍結による交通障害、雪崩や吹雪による視界障害に注意を促した。鉄道各社も強風や大雪による運休の可能性があるとして最新の運行情報確認を呼びかけた。