文字サイズ

「お強の餅」初夏の定番へ 5月31日、6月1日 販売日を変更

5月31日と6月1日に販売日が変更となる「お強の餅」。あんこを草餅で包んだ「天」(右)と、草餅をあんこで包んだ「地」の2種類

 直江津菓子組合(坂詰喜範会長)は今年から、「お強(たち)の餅」の販売日を従来の3月31日と4月1日から変更し、5月31日と6月1日にする。初夏の定番とすることで、年間を通して和菓子文化を広める。

 お強の餅は郷土の戦国武将、上杉謙信が兵の兵糧に気を配り、初草を入れた餅を配ったことを由来とし、約50年前から販売している。同組合は「川渡り餅」など季節の和菓子があり、唯一定番がない時季に伝統のお強の餅の販売を変更。1月の「寿ようかん」から12月の「水ようかん」まで、年間を通して季節の和菓子がそろうようにした。

 同組合広報担当の重原稔さんは「せっかく認知してもらっているものを変えることに葛藤はあったが、これで『この時季はこの和菓子です』と言えるものがそろった」と話す。他の業種でも〝季節の定番〟がそろえば上越の魅力が増し、通年観光にもつながると期待している。

 坂詰会長は「歴史あるものを変えることになるが、時季を変えることで一年を通して和菓子を楽しんでいただければ」と話す。