文字サイズ

〈とことこお店めぐり〉割烹春よし 糸魚川の旬を満喫

糸魚川の地魚料理と地酒がセットになった「おみちよう御膳」
日本海を望む落ち着いた雰囲気の個室で粋な料理、糸魚川の旬を味わえる

 糸魚川市街地の隠れ家的な老舗割烹(かっぽう)。創業90年。郷土の文人・相馬御風も親しんだ。日本海を望む落ち着いた雰囲気の個室で南蛮エビ、メギスなどの旬、地物の食材を生かした料理を満喫できる。

 高橋良男店主(67)は3代目。首都圏の大学卒業後、洋食レストラン・チェーンに就職し、接客や調理を経験。新潟市の老舗割烹で和食の修業を積み、27歳で帰郷、家業を継いだ。

 5日前までの予約制。2~25人まで、手頃な価格で対応する。各種御膳は3300円(税込み)から、各種コースは4400円(同)から。席料は別途220円(同)。「予約は敷居が高いと思われるかもしれませんが、ご予算、ご希望に沿って用意させていただきます。気軽にご相談ください」と高橋店主。

 冬季のお薦めは、地魚料理に市内5酒蔵いずれかの1合瓶がセットで付く「おみちよう御膳」など。「糸魚川荒波あんこうフェア」に合わせて提供する「あんこうフルコース」は鍋、刺し身などでアンコウの全てを堪能できる。

 北陸新幹線金沢―敦賀間の延伸開業(3月16日)を前に、車内誌「西Navi北陸」2月号に同店が掲載され、ちょっとした話題になっている。高橋店主は紹介を喜び、「糸魚川に訪れていただくきっかけになれば」と話す。

・糸魚川市本町10―11

・午前11時から午後2時まで、午後5時から同10時まで

・不定休

・電025・552・0344

日本海を望む落ち着いた雰囲気の個室で粋な料理、糸魚川の旬を味わえる