文字サイズ

地震で仏像1体破損 谷村美術館10日まで臨時休館 糸魚川市京ケ峰2

地震により仏像1体が破損。監視カメラを通して展示室を確認する室川支配人(6日)

 糸魚川市京ケ峰2の玉翠園・谷村美術館は、能登半島地震で美術館内の展示物が一部破損したことにより、10日まで美術館のみを臨時休館としている。玉翠園は地震による被害がないことを確認して6日から営業を始めた。

 室川進一支配人によると、展示作品の仏像1体が台座から落ちて倒れ、破損した。修繕が必要となるため今後、仏像の搬出作業を行う。この他の仏像は少しずれた程度で、建物にも被害はなかったという。

 同美術館は日本最高峰の木彫芸術家・澤田政廣氏の仏像10点が展示され、設計は建築界の巨匠とされる建築家・村野藤吾氏の最晩年の建築物。室川支配人は「揺れが大きかったので、とても心配した」と話した。

 入館料は10日まで半額の400円で、11日以降は当面の間、100円引き、団体利用は200円引き。問い合わせはガーデン・ミュージアム運営協議会(電025・552・9277)へ。