文字サイズ

7日夜~8日山沿い大雪 少しの雨でも土砂災害の危険

 新潟地方気象台によると、日本付近は6日から8日にかけて冬型の気圧配置となり、県内は6日から7日午前にかけて広い範囲で雨、7日夜から8日にかけて山沿いを中心に大雪となる見込み。1日に発生した地震の影響で地盤が緩んでいる所もあり、少しの雨でも土砂災害の危険度が高まる可能性があり注意が必要だという。

 7日午後から8日にかけて北陸地方の上空約5500メートルには氷点下33度以下の寒気が流れ込む見込み。7日は午前中に雨の所も午後から次第に雪となり、同日夜から8日にかけてJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が発生し、山沿いを中心に大雪となる恐れ。平地でも積雪となる所があるとみられる。雪雲が同じ地域にかかり続けた場合、警報級の大雪となる恐れもあるという。

 7日は大雨による土砂災害に注意、警戒。同日夜から8日にかけて大雪による交通障害に注意、警戒。7日から8日にかけては強風、風雪、高波、雪崩、着雪、落雷、突風にも注意が必要だという。