文字サイズ

災害ごみ集積所設置へ 罹災証明書なく受け入れ 上越市

 1日、上越市で最大震度5強を観測した地震を受け、市は5日から、同市東中島のクリーンセンターにがれきをはじめ処理が難しいごみの集積所を設ける。罹災(りさい)証明書の有無を問わない。無料で処理する方針。

 通常、地震で出たがれきなどの「災害ごみ」の受け入れは罹災証明書が発行された人に限るが、市内全域で災害ごみが出ることを想定し、罹災証明書を不要とした。また、地震で出た燃やせるごみ、燃やせないごみを、それぞれクリーンセンターや民間の処理業者に持ち込んだ場合には、処分費用を減免する制度を設けることにしている。

 ただし、割れた皿をはじめ指定袋に入るサイズのものは、指定集積所への集積を呼びかける。

 4日から回収が再開される生活ごみについては、地震の影響で多くの排出が予想される。市環境部は「できるだけ分割して排出してほしい」としている。