文字サイズ

年末年始 ふるさと・観光地で 家族連れらでにぎわう 道の駅あらい

帰省途中の家族連れらが立ち寄りにぎわう道の駅あらい(29日午後1時ごろ)

 官公庁や多くの事業所が年末年始休暇に入った29日、妙高市の道の駅あらいには、ふるさとや観光地で過ごす家族連れらが立ち寄り、にぎわいを見せた。駐車場には県外、遠方ナンバーの車が多く見られた。

 親子4人で阿賀野市の実家に帰省する長野市の男性(33)は「ここは中間になるので、よく訪れます。正月はゆっくり過ごします」と笑顔で話した。

 同施設西エリアの四季彩館ひだなん、東エリアのフィールド妙高では31日まで「年越しまつり」を実施中。フィールド妙高では新年3日に振る舞い甘酒、3、4日に運試し抽選会を予定している。

 くびき野情報館は31日午後6時で閉館、新年は2日に開館する(売店は4日から)。2日から8日まで道の駅全体で「新春お楽しみ抽選会」が行われる。