文字サイズ

冬型緩み大雪収まる 年末にかけ気温高い 落雪などに注意 妙高市関山で積雪61センチ

23日は大雪が平地から山沿いに移行。妙高市では一晩で50センチ以上積もった地域もあった(23日午前11時20分ごろ、妙高市役所で)

 県内に大雪をもたらした冬型の気圧配置や寒気は23日、次第に緩み、上越地域では平地から山沿いへ降雪が移った。大雪警報は午前中に解除され、交通への影響や停電も復旧した。今後は年末にかけて気温が高い状態が続く見込みで、関係機関は屋根からの落雪や除雪作業中の事故などに注意を呼びかけている。

 23日午後4時時点の最深積雪深は上越市安塚で83センチ、糸魚川市能生で74センチ、妙高市関山で61センチ、上越市高田で57センチ。23日午前5時時点の24時間降雪量は妙高市関山で51センチ、上越市安塚で39センチ。特に関山では22日夕方から急激に降雪量が増えた。

 雪による影響も復旧した。架線の故障で全ての電車が運休していた直江津駅では、23日午後2時30分ごろまでに全ての運行が再開。上越地域の国道、高速道路では事故による車線規制や登坂不能車が発生。大型車のタイヤチェーン装着指導も行われたが、通行止めはなかった。

 また、東北電力ネットワークによると、22日から23日にかけて上越市で約2680戸、糸魚川市で約700戸、両市にまたがる地域で約1800戸が停電(復旧済み)。上越市では22日、断続的な停電を受けて安塚、浦川原、柿崎、吉川各区に避難所を開設。浦川原で2世帯4人、吉川で1世帯1人が一時避難したが、23日午後2時までに閉鎖された。

 新潟地方気象台によると、24日午前6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で上越の平地20センチ、山沿い30センチ。

◇除雪作業で上下12本運休 23日のJR大糸線

 JR大糸線は23日、除雪作業を行うため、糸魚川―南小谷両駅間で始発から午後4時台までの上下線計12本を運休した。

◇上下線計15本 最大2時間遅れ 北陸新幹線信号トラブル

 23日午前7時44分ごろ、北陸新幹線の富山―黒部宇奈月温泉両駅間の上り線(金沢―東京間)で信号トラブルが発生し、上り線が運転を見合わせた。約50分後に運転を再開したが、上下線計15本で最大2時間の遅れが発生し、約1万2000人に影響が出た。

 JR西日本金沢支社によると、原因は信号設備のケーブル断線で、雪害とみられるという。