文字サイズ

23日まで大雪に警戒 上越の24時間予想降雪量、平地60センチ、山沿い80センチ

21日は平地でも雪、みぞれ、雨と目まぐるしく天候が変わった(午前11時50分ごろ、上越市仲町1付近)

 県内は21日、冬型の気圧配置や上空の寒気の影響で雪となり、上越地域では平地でも雪が降り続いた。過去に上越で大雪をもたらしたJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)の発生も確認され、新潟地方気象台は23日にかけて大雪による交通障害に注意、警戒、22日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

 JPCZは、日本付近が冬型の気圧配置となり、大陸から冷たい風が対馬海流上を流れ、日本海上で合流すると発生する雲のライン。このラインが同じ地域にかかり続けると大雪となり、2021年1月は上越市の平野部を中心に記録的大雪になった。21日時点で能登半島周辺で発生しており、同地域で大雪警報が発令された。22日にかけて北陸地方から中部地方へ移っていくとみられる。

 21日午後4時時点の最深積雪深は上越市高田10センチ、同市安塚16センチ、糸魚川市能生12センチ、妙高市関山1センチ。早期天候情報によると、県内は佐渡を除く全地域で、23日まで警報級の大雪の可能性が「中」となっている。22日午後6時までに予想される24時間降雪量は上越の平地60センチ、山沿い80センチ。

◇通行止めや運休に注意 各交通機関

 国道や高速、鉄道各社は21日、前日に続き大雪による通行止めや運休に注意を呼びかけた。

 JR大糸線は、大雪が見込まれるとして22日に糸魚川―南小谷両駅間で始発から午後4時台までの上下線12本を運休する。

 県内の国道では大雪で通行止めの可能性のある区間を発表(前日同様)。高速に関しても北陸道、上信越道、関越道、磐越道、日東道で通行止めの可能性のある区間(前日同様)を発表し、不要不急の外出を控えるとともに、最新の道路情報、気象情報を参照するよう呼びかけている。