文字サイズ

冬型強く平地でも積雪 21日から再び大雪恐れ 上越地域

上越地域では2日連続で平地でも積雪。雪かきや解けた雪に足を取られそうになる人が見られた(18日午前11時50分ごろ、上越市の本町5丁目交差点付近)

 強い冬型の影響により、上越地域は18日も平地から山沿いまで雪が降った。午後から次第に冬型は弱まったが、21日から再び大雪の可能性があるとして、関係機関が注意喚起を行った。

 18日午後4時時点の最深積雪深は上越市高田で8センチ、同市安塚で16センチ、糸魚川市能生で10センチ。また上越市発表の降積雪量によると、大島区や安塚区などで前日から20~30センチ以上積もった地点もあった。最高気温は1~5度程度と、最も寒い時期を下回る寒さとなった。

 一方、北陸地方整備局、北陸信越運輸局、新潟地方気象台、東日本、中日本高速道路は同日、大雪に関する緊急発表を行った。それによると、21日から22日にかけて冬型の気圧配置が強まり、北陸地方の上空に強い寒気が流れ込む見込みで、降雪量は17、18の両日より多くなり、警報級の大雪となる可能性があるという。各機関は不要不急の外出を控え、大型車はタイヤチェーンの装着と携行、集配遅延の恐れから運送日の調整、交通機関の運行情報注意、最新の気象情報、道路情報を参照することなどを呼びかけた。

 新潟地方気象台が18日に発表した早期注意情報によると、上越では21日に暴風(雪)と波浪、22日に大雪が警報級となる可能性を「中」としている。