文字サイズ

謙武祭 武道や健康づくり体験 杉本さん(オリンピック銀メダリスト)が柔道教室 謙信公武道館

杉本さん(前列左から5人目)の柔道教室経験者クラスの参加者と指導者
経験者クラスで参加者を指導する杉本さん(左)

 上越市戸野目古新田の謙信公武道館は2日、さまざまな武道や健康づくりを体験できるイベント「謙武祭」を開いた。

 メインイベントはオリンピック(ロンドン五輪)銀メダリストの柔道家、杉本美香さんの柔道体験教室。前半の初心者クラス、後半の経験者クラスに約50人が参加。自身の体験や練習時の心構えなどを織り交ぜながら、楽しく実施した。経験者クラスでは乱取りを行う子どもたちのそばに行き、技のアドバイス。一人一人に親身に声をかけていた。

 最後の質問時間では「大会で緊張しないようにするには」の問いに、「自分も緊張しいですが、緊張は悪いものではないと考え方を変えること」と話し、「試合をするための準備をしっかりとして後悔しないように。少しでも(後悔が)残っていると緊張する」と準備の大切さを説いた。また「苦手な技は」との質問に、「できない技はほぼない。高校時代に全ての技を教えられた。実際に試合で使っていない技もあるが、知っていることで相手の攻撃をどうやったら防げるかを考えられる」と、防御の面でも全ての技を練習することを勧めた。

 引退後の自身の経験から、「フランスに行った時に趣味で柔道に取り組んでいる人が多かった。敷居が高いと思われている柔道をいろいろな人に知ってほしい」とし、普及活動に力を入れているという。

 同館の柔道教室に通う簑輪雅司さん(27)は杉本さんから払い腰をかけられ、「一瞬で投げ飛ばされた。速くて驚いた。今後も柔道を続けていきたい」と話していた。

 館内ではこの日、各種武道体験やスポーツ健康づくり教室、ゲームなどが行われた。

経験者クラスで参加者を指導する杉本さん(左)
子どもたちに銀メダルを見せる杉本さん(左)