文字サイズ

吉川・安塚産新そば食べ比べ 1時間待ちの大盛況 道の駅で新そばまつり 吉川区

地元産の新そば食べ比べを楽しんだ

 恒例の新そばまつりが2日、吉川区長峰の道の駅よしかわ杜氏の郷くつろぎ長屋内で開かれ、地元吉川産と安塚産の食べ比べを楽しんだ。

 吉川観光協会主催の催し。この時季に出回る秋に採れたそば粉や、地元産の自然薯(じねんじょ)をつなぎに使った手打ちそばを食べ比べできるイベントとして人気。

 今年は新米コシヒカリと黒米入りコシヒカリのおにぎりと漬物セットで提供。隣接のよしかわ杜氏の郷の酒かすを使った濃厚な甘酒も振る舞われ、道の駅内の店舗で利用できるプレゼント券ももらえる文字通りの〝感謝祭〟企画。

 午前11時の開店前で1時間待ちの盛況ぶりだった。毎年訪れているという地元吉川区の76歳の夫婦は「もくもくした舌触りと、さっぱりした感じで違いが分かる。慣れた地元の味が好きだが、両方おいしい」と笑顔をそろえた。同じく吉川区の70代のなじみ客も「異常天気でソバの出来が心配だったが、おいしいので安心した」「そばを食べ切るのにやっと。おにぎりはお土産にする」と喜んでいた。