文字サイズ

高波・強風・大雨など注意 県内30日まで冬型続く

 冬型の気圧配置の影響で県内は29日も前日に続き雨風が強い一日となった。新潟地方気象台は同日、高波と強風、大雨に関する県気象情報を発表。冬型は30日にかけて続く見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意、警戒が、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意が必要だ。

 上越地域では29日、海沿いを中心に一日を通して強い風が吹いた。同日の最大瞬間風速は上越市大潟20・6メートル、糸魚川市糸魚川19・1メートル、同市能生18・4メートルなど。

 県内は30日にかけて海上で非常に強い風が吹き、海がしける見込み。同日に上越地域で予想される気象情報は波の高さが4メートル、最大風速(最大瞬間風速)が陸上12メートル(25メートル)、海上20メートル(30メートル)。1時間降水量が20ミリ、午後6時までの24時間降水量が80ミリ。