文字サイズ

〈とことこお店めぐり〉上人(しょうにん)茶屋 アートや音楽で集いの場に

日替わりでスイーツを提供(前側)。独自ブランドの焼き菓子もあり、イベントなどで販売している(後側)
店内はアート作品が壁面を彩っている

 上越市五智3の古刹(こさつ)、五智国分寺の境内にあるカフェ。歳月が刻まれた光景を窓外に見つつ、喫茶を楽しむことができる。

 2021年4月、近隣に住む工藤弘美さんが「境内に憩いの場をつくり、お寺に人を呼び込みたい」との思いからオープン。料理はミートオムレツ(1000円)、ナポリタン(同)といった定番メニューのほか、ひよこ豆をふんだんに使った「上人カレー」(小500円、大750円)、日替わりのスイーツセット(750円)などがある。

 人が集うための仕掛けを常に考える工藤さん。毎月およそ1回、音楽イベント「なんでもない日のパーティー」を開き、演奏の機会を提供している。また、境内を会場にフリーマーケットを主催。回を重ねるたびに参加者が増えているという。

 店内にはアート作品を展示するスペース「アートギャラリーひみつきち」を設置。現在は妙高市のアール・ブリュット作家、佐藤葉月さんの作品を展示している。

 今年の年末は大みそかの午後4時から元日の午後1時まで特別営業。甘酒や雑煮などを用意して参拝者を迎える。工藤さんは「これからも人が集い、友の輪が広がる場所を目指したい」と話している。



・上越市五智3―20―21 五智国分寺境内

・正午から午後4時30分まで

・営業日は火、水、木曜

・同寺の駐車場を利用

・電080・1088・0255

店内はアート作品が壁面を彩っている

観光・お出かけの関連ニュース

特集・連載の関連ニュース