文字サイズ

上越地域山沿いで降雪 今冬初めて除雪車出動

上越市の山沿いでは路面にも雪が積もるほどの降雪があった(25日午前8時30分ごろ、清里区青柳)

 日本付近は24日から冬型の気圧配置が強まり、25日明け方にかけて上越地域の山沿いで雪が降った。上越市では今冬初めて市道除雪が行われた。妙高市関山では同日正午までに15センチの降雪があった。

 上越市は25日朝、安塚区、大島区、牧区、中郷区、板倉区、清里区の山沿いで路面の積雪が10センチを超えたため、今冬初めて除雪車の出動を指示した。昨年に比べ7日早い。市によると、路面には10~14センチの積雪があったという。

 新潟地方気象台によると、冬型の気圧配置は次第に緩むものの、県内は山沿いを中心に雪が降り、平地でも積雪となる恐れがある。26日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で上越の平野部5センチ、山沿い10センチ。