文字サイズ

集まろう!25歳 12月30日に「ふるさとリバイバル25」 糸魚川市内在住出身者対象 実行委が中間報告

年末の実施に向けて事業概要などを井川副市長に報告した「2023ふるさとリバイバル25」の実行委員

 糸魚川市在住、出身の25歳を対象にした交流事業「2023糸魚川市ふるさとリバイバル25」が12月30日、同市大町1のヒスイ王国館で行われる。市内在住者16人による実行委員会が企画運営に取り組み、対象者へ参加を呼びかけている。

 同事業は若者のUIターン促進や地域づくり、仲間づくりのネットワーク構築などを目的に平成28年度から実施。コロナ禍で見合わせた年を除き、毎年年末に飲食を伴った交流会の形で続けている。本年度が7回目となる。

 本年度の実行委は5月末からスタートし、SNSを活用した周知や対象者への案内状発送、当日の交流企画など準備を進めている。

 実行委のうち5人が20日、市役所に集まり、井川賢一副市長に中間報告を行った。実行委員長の横澤拓さんは事業概要を説明し、「糸魚川で暮らしている同級生、友達と会うことで糸魚川に住みたい気持ちになる足掛かりになれるように」。ほかの委員も「新たな交流を広げたい」「楽しんでもらえるように」「目標参加者100人」と意気込みを伝えた。

 井川副市長は「多くの皆さんに集ってもらい、糸魚川とつながり、愛着を持ってもらえるように頑張って」と励ました。

 案内状は市内在住の251人に送付済み。