文字サイズ

〈とことこお店めぐり〉カレー屋ふくふく 誰かの居場所つくりたい

290円で提供する魚粉和風カレー
店内でカレーを提供する保坂さん

 ケアマネジャーとして福祉施設で勤務していた経歴を持つ、店主の保坂正人さん(42)。「貧困と福祉」に関心を寄せ、虐待などで餓死するニュースを見聞きするたびに心を痛めた。「おなかがすいている時や困っている時に、いつでも行ける店を開きたかった。地域の相談窓口としての役割も果たせたら」。「魚粉和風カレー」が税込み290円で食べられるカレー屋は、ランチタイムは会社員ら、週末は家族連れが訪れ喜ばれている。

 空き店舗を利用し、できる箇所は自身で改装し、今年6月にオープンした。カレーはタマネギやトマト、ツナに魚粉を加え、和風に仕上げた。好みで、ゆで卵やチーズ、魚肉ソーセージなどのトッピング(有料)も出来る。

 同店名物の「げんきチケット」(税込み290円)は、チケットを購入してボードに貼り、困っている人に使ってもらうシステム。「遠慮なくチケットを使って、カレーを食べてほしい」と保坂さん。ホットコーヒーやコーラ(同100円)などのドリンクもあり、カフェとしての利用も歓迎だ。

 早朝6時から店を開け、「話したい時に来てほしい。ここが誰かの居場所になれたらいい」と願っている。

     ◇

・妙高市白山町3―10―13

・午前6時から午後2時まで

・水曜定休

・店舗周辺に駐車場5台あり

・電070・1004・0885

店内でカレーを提供する保坂さん

観光・お出かけの関連ニュース

特集・連載の関連ニュース