文字サイズ

諏訪小、戸野目小へ編入統合 上越市が方針決定 10月、地域協に諮問

 上越市は市立諏訪小を市立戸野目小に編入統合する方針を決定、28日に開かれた諏訪区地域協議会で報告した。統合時期は令和7年4月で、10月26日に開かれる同区地域協議会で統合に対する諮問を行う。

 諏訪小の本年度児童数は26人で、全学年で複式学級となっている。隣接する学校で最も規模が大きく、校区に近いことから戸野目小を編入先とした。

 市は4月の同区地域協議会で編入統合の方針を示し、地域住民や戸野目小校区側への説明を行ってきた。同市教育委員会からの報告によると、諏訪地区町内会長連絡協議会が5月から8月にかけて各町内会の意見集約を行い、「統合やむなし」で意見がまとまったことを市に報告。市は地域の合意が得られたとして方針を決定した。

 地域協議会への諮問で「支障なし」の答申が得られた場合、11月から統合に向けた協議を行う。統合実行委員会などは設置せず、通学やPTA組織など協議事項ごとに関係者が協議する。