文字サイズ

「カジュアルデイズ」22日にオープン 町屋リノベし開業 コーヒーとサンドイッチ 幸せな時間提供 上越市大町5

キューバサンドを手にする齋藤さん。今後はモーニングメニューにも取り組みたい考えだ
築約90年の町屋をリノベーションし、現代的な空間にした

 サンドイッチとコーヒーの店「コーヒーアンドサンドイッチ カジュアルデイズ」が22日、上越市大町5にオープンする。営業時間は午前8時から午後6時まで。

 開業したのは神奈川県出身で軽井沢町(長野県)や東京のベーカリーで経験を積んだ齋藤直樹さん(43)。妻の実家がある上越市で開業しようと2年ほど前から候補地を探し、築約90年の町屋に行き着き、リノベーションして調理場とイートインスペース12席を設けた。

 看板メニューは「キューバサンド」(税込み650円前後の予定)。バゲットに自家製ローストポーク、ハム、チェダーチーズ、ピクルス、粒マスタードを挟んでホットサンドにしたもの。塩が効いたローストポークに、チェダーチーズの濃厚な味が合う。ほかにもBLTサンドやABC(アボカド、バジル、ローストチキン)サンドなど、数種類のサンドイッチを選ぶことができる。

 コーヒーはオリジナルブレンドの豆から抽出するアメリカーノやエスプレッソ。自家製レモンシロップを使ったレモネードなどを用意している。齋藤さんは「営業が落ち着いてきたら、モーニングメニューをやっていきたい」と話していた。

 駐車場がないため、じょうえつ五番街駐車場などを利用する。同駐車場から旧今井染物屋方向へ徒歩3分。

築約90年の町屋をリノベーションし、現代的な空間にした