文字サイズ

食事やステージ楽しむ 18日まで名立オータムフェスタ 名物の大鍋も復活 

キッチンカーがずらりと並ぶ会場

 グルメやステージイベントを楽しむ「名立オータムフェスタ~食楽合戦~」が18日まで、名立区名立大町のうみてらす名立で開かれている。午前11時から午後5時まで。

 同イベント実行委員会が主催。初日の16日はビアガーデンやクラフトフェアが開かれ、家族連れらでにぎわった。会場にはピザやチョコバナナ、かき氷などを販売するキッチンカーが多数出店。うみてらす名物の浜焼きの販売も人気を集めた。

 来場者は夕日と海を背景にバンドの演奏に耳を傾け、思い思いの時間を楽しんだ。糸魚川市から家族4人で訪れた栄佳奈さん(38)は「海風が気持ちよく、雰囲気もよくて楽しい」と話していた。

 17、18の両日は、500人分を一度に作れる名立名物「大鍋」が復活。大鍋で調理したあら汁や甘エビの団子汁を販売する。ブラック焼きそばや、信州の農産物販売もある。

 また太鼓やダンス、殺陣やフラのステージイベントが開かれる。なお両日午前11時から正午まで、会場本部テントでイベント期間中に使える200円のクーポンを配布する。各日先着200人。