文字サイズ

10月21、22日 関川源流まで歩行 全国河川遡行クラブ 参加者を募集

 「全国河川遡行(そこう)クラブ」(佐藤信廣会長)は10月21、22の両日、関川(上越市の船見公園から妙高市杉野沢の苗名滝まで)の源流までを歩く、参加者を募集している。

 昭和53年に発足したNKK福山日本列島縦断歩行クラブが、令和3年に目標を達成したのを契機に、翌4年に現在のクラブ名に名称を変更。年2回、全国の一級河川(109河川)を河口から源流まで歩いている。

 10月21日は午前7時に船見公園(左岸先端)を出発し、妙高市田口のペンションまでの44キロを、22日は苗名滝までの12キロを歩く。スタートは一斉だが、道中は自分のペースで歩き、途中でやめたり、一部交通機関を利用したりして終点に向かうのも可能。参加者には専用の地図を配布する。

 会費4000円(旅館費7000円は現地支払い)。2日分の食料と寝袋を持参する。申し込みは23日までに、同クラブ総務の滝柳次郎さんへ電話(090・1335・5892)かはがき(〒721―0945、広島県福山市引野町1―28―11)で。