文字サイズ

23日に動物愛護フェスティバル 動物との共存考える

 「第45回動物愛護フェスティバルin上越」が23日午前11時から午後3時まで、上越市本城町の高田城址公園芝生広場周辺で行われる。

 主催は同実行委員会、上越、糸魚川、妙高3市や上越保健所などが共催。動物愛護週間(20~26日)に合わせた催しで、人間と動物の共存、動物愛護について理解を深められる展示や体験などを多数用意している。

 芝生広場では時間によってフライングディスクドッグや災害救助犬の実演、ペット同行避難訓練や動物○×クイズなどを実施。常設コーナーでは動物愛護団体の活動展示、災害救助犬・盲導犬の紹介、ヤギやアルパカの触れ合い体験を行う。

 また連結企画として、10月1日午後1時30分から、動物愛護セミナーを上越市市民プラザで開く。高齢者を中心に、ペットとトラブルなく安心して暮らすためのノウハウを提案する内容。参加無料。

定員60人で申し込み順。 

 フェスティバル、セミナーの問い合わせは上越動物愛護協会事務局(上越動物保護管理センター内、電025・525・9263)へ。