文字サイズ

9日にかけて接近の可能性 台風13号

 気象庁によると、台風13号は日本の南を発達しながら北北東へ進み、9日にかけて東日本や北日本に接近する可能性がある。県内は台風の北上に伴い、8日夕方から9日にかけて雨となる所があり、海上を中心に東寄りのやや強い風が吹く見込み。進路によっては雨、風、波とも注意報級となる可能性もあるという。

 台風13号は7日午後3時時点で日本の南にあり、1時間に約25キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。8日午後には東日本にかなり接近し、上陸する恐れがある。

 8日に予想される上越での風、波、雨は、最大風速が陸上で9メートル以下、海上で10メートル、波の高さが1・5メートルのち2メートル、24時間降水量が50ミリ以下。