文字サイズ

県内被害を発表 県が最新情報 水稲被害は707ヘクタール

 県は6日、今夏の高温・渇水に伴う農作物などの最新の被害状況をまとめ発表した。

 それによると被害が報告、確認されているのは26市町村に上っている。主なものでは、水稲被害(枯死・枯れあがりなど)面積は707ヘクタールに達した。大豆・ソバの生育不良などの被害は336ヘクタール。園芸作物では枝豆が17ヘクタールなどをはじめ138ヘクタール。農作物全体の被害面積は1181ヘクタールに上る。

 このほか、畜産被害は乳牛、肉牛、豚、採卵鶏、ブロイラーなどのへい死被害は6156頭。水産被害ではニシキゴイのへい死が512尾、養鯉池のひび割れ2ヘクタール。

社会・くらしの関連ニュース

政治・行政の関連ニュース

仕事・産業の関連ニュース