文字サイズ

逃げ遅れゼロへ 事前避難計画作成 恒例の防災研修会 上越市西本町1・2町内会

自分の住む地域の災害発生時の被害を把握してマイ・タイムラインを作成。特別警報の意味を理解した上での正しい避難行動についても学んだ

 上越市の西本町1・2丁目町内会(小林克美会長)は3日、同市中央1の直江津学びの交流館で役員らを対象とした恒例の防災研修会を開いた。今年は自ら避難して命を守るため、水害、土砂災害に備えた事前避難計画「マイ・タイムライン」について学んだ。

 同市防災士会直江津支部が講師を担当。マイ・タイムラインについては「逃げ遅れゼロを目指して、ハザードマップを学び、警戒レベルの意味を理解して作ることが大事」と説き、水害や土砂崩れにおける自分が住む地域の危険箇所や避難場所の把握、いつ避難すれば良いか、避難の時に何に注意すれば良いかを参加者同士で話し合い、実際に作った。

 小林会長は「関東大震災から100年の今年、梅雨の時季に大雨による洪水被害も発生している。きょう学んだことを家族にも伝えて、全員でもしもに備えてほしい」と願った。