文字サイズ

種目減らすなど暑さ対策し水泳 上越中学新人大会始まる

男子100メートル背泳ぎのスタート

 中学新人大会の皮切りとなる上越中学校合同新人大会の水泳競技が30日、上越市市民プールで開かれた。

 連日の暑さ対策として、リレーや長距離をカットして種目数を減らし、1人の出場を2種目までに制限し、時間を短縮。途中約30分間の休憩を挟み、午後1時ごろには終わるように日程を組んだ。また、気温と水温を足して65度を超えたら中断する予定だったが、超えずに実施できたという。

 選手は上越4市1郡から21校、78人(男子45人、女子33人)がエントリー。小まめに水分補給をするなど熱中症対策をして臨み、夏休み中などの練習の成果を発揮した。選手数は昨年の新人大会より約30人減ったという。

 新人大会はこの後、9月8日に陸上競技、28日に中心会期で11種目が行われる。