文字サイズ

スタンプラリー「秋」編9月から 久比岐自転車道 利活用で交流人口増へ

 上越市から糸魚川市につながる歩行者・自転車専用道路「久比岐自転車道」を使ったキャンペーン「久比岐自転車道を走ろう~りんりんスタンプラリー2023秋~」が9月2日から11月12日までの間行われる。

 国土交通省や県、上越、糸魚川両市などの関係機関で構成する同魅力アップ実行委員会が主催する恒例の取り組み。

 同自転車道は旧国鉄本線の線路跡地を利用した上越市虫生岩戸から糸魚川市中宿までの全長32キロの歩行者・自転車専用道路。同キャンペーンは同自転車道の利活用による交流人口の拡大を目指し、例年春と秋に実施している。

 キャンペーンの内容は、同自転車道沿線にある「道の駅」やコンビニ店などに設けたスタンプ会場5カ所を自転車で巡るスタンプラリー。スタンプ三つでオリジナルステッカー、五つ全てを集め、5カ所を巡って分かる5文字を集めると、各種景品が当たる抽選に応募ができる仕組み。5カ所のスタンプ会場は「サイクルステーション」としての機能がある。サイクルラックの利用、空気入れなど修理工具の貸し出し、トイレの提供などのサービスが受けられる。

 スタンプラリーの台紙は5カ所の会場で配布しているほか、事務局の県上越地域振興局のホームページ(https://www.pref.niigata.lg.jp/site/jouetsu-kikaku/rinrin-stamprally2023s.html)からダウンロードできる。問い合わせは同地域振興局(電025・526・9326)へ。