文字サイズ

クールで独創的空間 オープンムジ会場 花系男子展示販売会

植物や花を使った商品の販売や空間演出が行われている会場

 上越市内で花や植物を扱う店舗の男性オーナーによるイベント「花系男子展示販売会 晩夏編」が19、20の両日、上越市西本町3の無印良品直江津内イベントスペース「オープンムジ」で開かれている。「クール」をテーマに、観葉植物やドライフラワーを使った商品が販売され、独創的なディスプレーが芸術的な空間を演出している。時間は午前10時から午後5時まで。

 市内3企業による共催で、2月に続き2回目。ネイビーやグレーに染色されたドライフラワーがスタイリッシュな照明器具、茎や葉の形が独特で涼しげな雰囲気の観葉植物、そのほか小物などが展示販売されている。またいれたてのスペシャルティコーヒーの販売もある。

 アーティストの相馬久人さん(46、クロスアーツプロジェクト)は、生命豊かな水のある世界とその外の世界とを、石と植物、ガラスを使って表現したアクアリウムを出展。作品上に据えたドライフラワーの照明器具と相まって、幻想的な世界観を際立たせている。

 主催者代表の仙田恭一さん(51、グランプ代表)は「植物にまつわるものをメインに据えた展示。普段はあまり見る機会のない商品も並ぶので、独特な空間を楽しみにぜひ足を運んでほしい」と呼びかけている。