文字サイズ

本県直撃なしも大雨、強風に警戒 台風7号

 気象庁によると、台風7号は15日午後4時時点で京都府福知山市の西南西にあって、1時間に約15キロの速さで北北西に進んでいる。16日から17日にかけて日本海を北上し、北日本から東日本の日本海側に影響を与えるとみられる。県内では16日は海ではしけ、山沿いを中心に大気の状態が不安定になる見込みで、強風や大雨に注意が必要だ。

 県内では16日明け方から雨、所によっては夜の初め頃、雷を伴い激しく降る見込み。同日、上越で予想される最大風速(最大瞬間風速)は、上越の陸上で10メートル(20メートル)、海上で15メートル(25メートル)、波の高さは2・5メートル、1時間降水量は30ミリ。

◇鉄道、船舶で一部運休

 台風7号の接近に伴い16日、JR大糸線では糸魚川―南小谷間で始発から同10時台の上下線計7本を運休する。佐渡汽船では直江津―小木航路を午前中は運休、午後から通常通り運行する。