文字サイズ

“南国”大にぎわい オレンジフェア カネタ建設ファン感謝祭 巨大プール復活

南国リゾートをイメージした「ドでかい」波付きプール
ウオータースライダーなどアトラクションが大人気

 オレンジフェア(同実行委員会主催)が6日、糸魚川市一の宮1の市民会館前特設会場で開かれた。コロナ禍が落ち着き4年ぶりに復活した巨大プールを、親子連れなど幅広い世代が満喫。楽しい夏の思い出をつくった。

 カネタ建設(本社・同市中央2、猪又直登社長)のファン感謝祭として人気のイベントで19年目。コロナ禍で自粛を余儀なくされていた名物の巨大プールを、従来の2倍の「ドでかい」サイズで復活させた。

 毎回趣向を凝らした世界観をつくり上げており、今回は南国リゾートをイメージして設営。ウオータースライダー、スプラッシュフォール(巨大ししおどし)といった多彩なアトラクションとともに、市内飲食店とのコラボカフェも用意した。

 厳しい暑さでも大勢の来場があり、夢中になって水遊びを楽しむ子どもたちの歓声がこだました。最後は猪又社長扮(ふん)する「イノマタマ大王」のかけ声で一斉にジェット風船を飛ばし、盛大にフィナーレを飾った。

 実行委員会でリーダー役を担ったのが、同社の村田千咲さん(21)と高橋万桜さん(22)の2人。村田さんは「(自身が)小学生の頃オレンジフェアに来たので、楽しそうな子どもたちを見て感慨深かった」、高橋さんは「(来場者から)『また来年も来ます』『本当に楽しかった』と言ってもらえて本当にうれしい。ここまでやったかいがあった」などと振り返った。

ウオータースライダーなどアトラクションが大人気
最後は一斉にジェット風船を飛ばし、盛大にフィナーレ