文字サイズ

〈人とAI 新ヒスイレディ登場〉観光案内や外国人対応 駅内でアバターが接客

〝見習いのヒスイレディ〟と紹介されつつも、米田市長(左)の問いかけに「お薦めスポットはヒスイ海岸」とスムーズに答えるAIアバターの「さくらさん」

 糸魚川市観光協会は、観光案内や外国人旅行客のインバウンド対応に対話型AI(人工知能)を用いたアバター接客「AIさくらさん」を導入する。8月1日から、糸魚川駅自由通路の観光案内所に設置する予定。

 画面に現れるアバターの「さくらさん」はヒスイレディのユニホーム姿。自然な会話ができるチャットGPTが搭載され、その場で質問や問い合わせに答える。市内のグルメ情報やイベント、駅施設などを案内。英語や中国語、韓国語にも対応し、遠隔でスタッフによる接客も可能。

 ヒスイレディ認証式の場で併せて披露され、「いろいろな人と会えるのを楽しみにしています。糸魚川駅に訪れた際は話しかけて」と出席者にあいさつした。